2019年度 第1回都道府県代表者会議報告

2019年度第1回細胞検査士会都道府県代表者会議が6月7日京王プラザホテルにて開催されましたのでご報告いたします。なお、議事録は後日、細胞検査士会より公開されますのでご確認願います。

代表者47名中、45名の出席をもって開催されました。

会議冒頭、NPO法人子宮頸がんを考える市民の会 渡辺代表より検診受診啓発活動への協力に感謝の意が述べられました。今年で11回目を重ね、国民の理解も一定程度浸透したと考えています。一方でニュースレターの作製費等において経済的に厳しい状況下にあり、来年度の作製に関しては不透明であることが示唆されました。当会においては、日本臨床細胞学会と相談しながら、予算を含めた活動の見直し等を現在検討中です。

伊藤会長:日本臨床細胞学会の役員選挙があり、当会より3名の理事が選出されました。

 (石井保吉 氏、伊藤仁 氏、小松京子 氏)

 より多くの理事を輩出できるように、会員の皆様においては、「正会員」への

登録をお願いしたい。

日本臨床細胞学会の新理事長には「北里大学 佐藤之俊氏」が選出された。

2020年秋期大会は11/21(土)-22(日)パシフィコ横浜ノース(4月開業予定)

学会長として全国の細胞検査士の皆さんにご協力を賜りたい。

総務委員長(平田):2019-20年度細胞検査士会役員も新体制に刷新された。

 才藤純一選挙管理委員長報告

2018年11月3日(土)に役員選挙開票

   選挙人256名(1792票)中、232通(1620票)が有効で、172票が無効表

であった。

2018年12月20日(木)に会長-副会長選挙

会 長;伊藤 仁 氏

副会長;小松 京子 氏

副会長;阿部 仁 氏

  いずれも、無投票当選、異議申し立てはありませんでした。

庶務委員長(中村):昨年度の物故会員は10名でした。功労会員 上野喜三郎 様におかれましては

2018年7月2日にご逝去されました。慎んでお悔やみ申し上げます。

経理委員長(阿部):昨年度決算報告により繰越金は\42,860,127円であった。来年度予算は

収支合計\11,683,140円で承認された。

国際委員長(南部):第11回日台韓細胞検査士合同セミナーを台湾にて開催(2020年3月14日)

あり方委員長(遠藤):正会員を増やす手立てを思案中。セミナーやワークショップの先行

申し込みなどの正会員優位性の確保について継続審議とした。

日本臨床細胞学会秋期大会(岡山県代表):11/16-17で開催。駅を挟んだ両側が会場となっております。

  文責;茨城県臨床細胞学会細胞検査士会 会長 三村貴裕2019.6.10付


閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

検査士会総会において2022-23年度の役員選出の時期となりました。会長・副会長・幹事への立候補者がおりましたら事務局までご連絡願います。 また、次年度活動案がありました事務局までご連絡いただくか検査士会総会でご発言下さい。

日頃は茨城県臨床細胞学会にご協力をいただき、厚く御礼申し上げ ます。 さて、3月19日(土)午後に第36回茨城県臨床細胞学会学術集会を予定しておりますが、これを「Zoom」を使ったオンライン形式で開催することとしました。 検査士会総会は17:30ころを予定しています。(学会総会終了後) 検査士会総会にあたり、委任状の提出をお願い致します。過半数以上の提出がない場合、総会が成立しませんのでご協力をお

下記の通り、オンライン研修会を企画いたしました。 参加申し込みされた方に限りURL/パスワードを配布いたします。 多数のご参加をお待ちしております。 令和3年度 第1回茨城県臨床細胞学会研修会プログラム 日 時 2021年10月23日(土) 13:00~15:00 会 場 Zoomを用いたWeb開催 1) 開会のあいさつ